ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊



2017年11月10日

和歌山市内の名所

和歌山市内の名所と言えば和歌山城が真っ先に出てくるだろうが、今回は和歌山城を素通りして
観海閣、不老橋、紀州東照宮、紀三井寺などに立ち寄った。


車から降りて海辺を歩いてびっくりしたのは、堆積岩がむき出しになっていて、砂岩や泥岩だと思うのだが、とてももろそうな岩肌にお目にかかったこと。
海の潮風を受けながら、長い時間をかけての浸食や歴史を思い起こさせられる。
P1000536.JPG

P1000543.JPG

P1000538.JPG


観海閣は、徳川家初代藩主頼宣が建てた木造の水上楼閣だとか。
当時の建造物は昭和36年に第二室戸台風で流出したので、現在はコンクリートで再建されたものだそうである。
台風の通り道の和歌山ならではの歴史の遺産かも知れないなと感じたものです。

P1000544.JPG

海際をゆっくりと歩くのもおつなものでした。

P1000548.JPG

不老橋は、和歌山市の重要文化財として認定されたアーチ状の石橋です。
この橋は、徳川家康を祀る東照宮の祭礼である和歌祭の時に、徳川家や東照宮関係の人々が御旅所に向かうために通行した「お成り道」に架けられたものらしい。
和歌山は、徳川の御三家のひとつ紀州藩なので、やはり家康に絡んだ建物などが多いというわけです。

P1000537.JPG

紀州東照宮は、元和7年(1621)、頼宣が南海道の総鎮護として創建し、「関西の日光」とも呼ばれる権現造りです。
江戸初期の代表的な重要文化財建造物としても有名で、東の日光の面影がぷんぷんでした。
ともかく、参道を過ぎるて目の前に急な階段、108段の「侍坂」が足腰の洗礼を受けよと待っていました。

P1000546.JPG

紀三井寺
紀三井寺は西国2番の札所でもあります。
紀三井寺の名前の由来は、三つの井戸「吉祥水」「楊柳水」「清浄水」から来ています。
さて、楼門をくぐると、目の前に231段の階段がそびえ、一瞬立ちすくんでしまいますが、ここまで来て引き返すわけにはいきません。紀伊東照宮でも足腰の洗礼を受けていますので、ここはただ前進あるのみでした。
境内はさすがに落ち着いた雰囲気を醸しており、やはり歴史の重みを感じたものです。

P1000534.JPG
posted by yasuucare at 08:46| Comment(0) | 近畿 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

瀬戸大橋

今更、瀬戸大橋ではないのですが四国へ行く途中で瀬戸大橋のパーキングによってきました。
そこで食べたさぬきうどんはとても美味しく、ああ四国へ来たんだなと思いました。


ところで、日本人は誰でも高いところから見る景色が好きなものです。
パーキングにも展望台があり、そこが一番高い場所なので結構きれいに見えました。


しかし、よーくよく考えてみれば、瀬戸大橋の上から見る景色の方がずっときれいですよね。
なんとなれば、そこが一番高いところだからでしょう!!


P1000419-2.jpg


P1000418-2.jpg
posted by yasuucare at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国観光地    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

本因坊 秀策

本因坊秀策のお墓参りをしてきました。


秀策のお墓に参れば棋力が少し上がるとか・・。
へぼ碁打ちですが、少しは上達してみたいので、多少遠回りになるのですがしまなみ海道を通って因島に寄り、秀策さんのお墓のある地蔵院へ行ってみました。


以前にも秀策記念館には寄ったことがあるのですが、秀策さんのお墓にまでは足を運びませんでした。
何とかもう少し強くなれるようにと秀策さん頼みです。


今は井山本因坊が七冠を達成し一人抜きんでた位置にいます。
しかし、名人戦は何とか1勝を返したものの、3敗とカド番に追い込まれ、この先の帰趨は不明です。


井山本因坊も秀策さんのお墓参りをしたことがあるようですので、きっとご利益があることでしょう・・。


P1000425-2.jpg


P1000426-2.jpg


P1000424-2.jpg


P1000422-2.jpg


P1000421-2.jpg


P1000420-2.jpg



ラベル:本因坊 秀策
posted by yasuucare at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

足摺海底館

足摺海底館は、土佐清水市から西へ8Km、足摺岬からも車で30分程度の竜串にあります。
ここは、波や風の浸食で奇岩の連なる見残し海岸でもあります。
海にはサンゴや熱帯魚が生息し、日本で初めての海中公園に指定されています。


見残しとは、竜串周辺を訪れた弘法大師が、この景勝地を見落としていったところから見残しの名前がついたとされています。
岩肌には自然が織りなす不思議な造形美が残されているのです。


訪れたこの日は波が荒く、海の水も濁っていたので海底館へはいっても真っ黒で見えないとか言われたので、残念ながら入るのをやめました。
教えてくれた土産物店で、お礼にアイスクリームやお土産を買って帰りました。


もし好天ならば、サンゴが連なる中を色とりどりの熱帯魚が泳いで、まるで竜宮城の様だとか言われたのでがっかりでした。


P1000417-2.jpg


P1000416-2.jpg


ラベル:足摺海底館
posted by yasuucare at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州観光地   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足摺岬

足摺岬は四国最南端の絶景地です。


豪快な黒潮が押し寄せる恐ろしいばかりのところでもありますが、台風や強風の時以外なら何とものんびりとした穏やかなところでもあります。


展望台も見晴らしがいいところなのですが、遠く海の彼方に水平線を見つめていれば、坂本竜馬やジョン・万次郎の思いが感じられるような気もしてきます。


絶景に灯台は付き物ですが、やはり絵になります。


P1000402-2.jpg


P1000404-2.jpg


P1000405-2.jpg


P1000408-2.jpg


P1000409-2.jpg


P1000410-2.jpg


P1000411-2.jpg


また、近くには椿トンネルもあり、椿のシーズンには人生の主役を感じるようなところだと思いますね.
posted by yasuucare at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 四国観光地    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。