ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊



2016年03月28日

スペイン村

スペイン村は言わずと知れたスペインを模倣しているのですが、志摩半島の海岸がリアス式で、それはスペインのガリシア地方でも多く見られるからだとか・・。


近鉄が開発所有しているスペイン村は,113haにも及ぶ広大なリゾートアミューズメントです。
テーマパークとしてディズニーランドやUSJと肩を並べるほどでしょう。


スペインの人が主体になって踊るアトラクションや、世界遺産の展示をはじめとするスペインの情景が半日歩いていても飽きないほどでした。


勿論、テーマパークの見世物であるジェットコースターや数々のスリル満点な乗り物も勇気を出してチェレンジしてみないと大変です。
下から見ていても足がすくむような恐ろしい乗り物がたくさんあり、比較的スピードの遅い船や汽車でのんびりもいいと思いましたね・・。


P1000298.JPG


P1000299.JPG


P1000301.JPG


P1000302.JPG


P1000303.JPG
ラベル:スペイン村
posted by yasuucare at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 ランキング   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊勢神宮

伊勢神宮に参るのは外宮、内宮の順が正式ルートだとか・・。
つまり、「豊受大御神」を祀る「外宮」と、「天照大御神」を祀る「内宮」があるので、順に参拝するのですが
両宮は結構離れているのです。


車では5分ほどですが、外宮には駐車場がたっぷりで無料ですが、内宮には有料駐車場でないと結構歩かなければなりません。
まあ、多少離れたところに止めていても、おはらい町やおかげ横丁をぶらぶらしながら土産物や食べ物屋さんをめぐるので苦になりません。


ともかく参拝ですが、手水舎で左手を清め、右手を清め口をすすいで準備完了です。
神前では二礼二拍手一礼の儀式で拝みます。
お賽銭も少しは奉納です。


広い境内ですからゆったりのんびり歩めます。
参拝客の中には外人さんも多いのでびっくりです。
キリスト教やイスラム教も関係ないのでしょうか・・?


ところでお土産は定番の赤福餅にしておきました。
小学校の時に味わった味は何と美味しいもんだ、という感じでしたが、今では多少口が贅沢になっているのか美味しさは今一つでしたね


P1000290.JPG


P1000287.JPG


P1000292.JPG


P1000288.JPG
ラベル:伊勢神宮
posted by yasuucare at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 ランキング   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

入浴剤でお風呂

入浴剤でお風呂を楽しくしましょう


もちろん温泉もいいのですが、そうちょくちょく出かけられない庶民としては入浴剤で温泉気分など・・。


一味違うお風呂には入浴剤で工夫です。
泡が出る炭酸ガス系は楽しくて疲労回復も期待できます。
炭酸ガスで欠陥が拡張するからです。


ただ、お酒を飲んでいたり、脱衣場と風呂場での温度差がたくさんある場合は危険を伴うこともありますので気を付けましょう。


スキンケア系の入浴剤はお肌に保湿成分を吸着させてくれるので女性に人気です。


お風呂をリラックスして楽しむには入浴剤もいいのですが、さらにお湯の温度にも気を付けましょう。
40度までならリラックス効果ありですので、ぬるめの湯舟がおすすめです。


42度以上になれば興奮状態になり血圧も上がるようです。
炭酸ガス系の入浴剤ならぬるい温度でも高目に感じるようです。


いろいろと入浴剤を工夫して取り交ぜるのもいいでしょう


もちろん、たまには夫婦で温泉にも出かけたいものです!






ラベル:入浴剤
posted by yasuucare at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光地 ランキング   | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

宮島の大鳥居

宮島の大鳥居は圧巻です。
写真でも何度も見ていたのですが、やはり実物は凄いものです。
というよりも、あの海の中に鳥居や神社を作るという発想が大胆ですね。

P1000283.JPG

P1000285.JPG


P1000284.JPG


小さい頃に行ったことがあるのですが、その時には広島へ行けばバスの中からでも手を伸ばせばミカンがもげるようなイメージでした。
今回もあちこちの民家で庭先にみかんを作っているというのが相変わらずいい感じでした。


肝心の宮島へは宮島口からフェリーで10分ほど180円の行程です。
安いフェリー代金だなと思いましたが、あれだけ多くの人が毎日参詣するのですからリーゾナブルなのかもしれません。

P1000281.JPG


P1000282.JPG


宮島の境内には野生の鹿が多くいて、人を全然怖がらずのんびりとしていました。
といっても奈良の鹿とは違って強引に食べ物をねだるわけではなくいい感じでした。


それと、やはり中国の人を始めアジア系やアフリカからかもしれない観光客に多く出会いました。
日本の観光地は多かれ少なかれ国際色が豊かというより、日本人よりも外国人の方が多いイメージでした。


お土産は定番のもみじ饅頭で、お昼に広島の銘酒、賀茂鶴で一杯やってゴキゲンな旅でした。
ラベル:宮島 大鳥居
posted by yasuucare at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

萩と花燃ゆ

萩と花燃ゆは、切っても切り離せない関係ですね。
花燃ゆの主人公、文さんが吉田松陰と住んでいたのは萩の城下でした。


今、萩へは新山口から直通バスが出ています。
そして、本来なら片道2060円の料金が地方活性化のために国から補助金が出ているお陰で半額の1030円で行けました。
往復2060円の節約になるので、お昼ご飯をちょっぴり贅沢なものにできますね・・。


直通バスが着いたのは萩小学校のすぐ隣の広い駐車場で、花燃ゆの特別展示館があるところでした。
撮影現場のセットなどもあり、吉田松陰や久坂玄瑞を始め花燃ゆの面々の説明や歴史的な背景も改めて見ることができました。

P1000278.JPG

萩市内の観光はループバスが有りとても便利です。
ただ、あまり広いところではないので、時間があれば散歩がてらにブラブラと巡るのもいいでしょう


明倫館や高杉晋作の過ごした所を見ると幕末の時代にタイムスリップしたような感じでした。
萩の歴史的な建物が並んでいる一角は、萩焼の窯元も多く少し高いですが良い焼き物も沢山あって迷ってしまいます。


せっかくだから何か記念に買って帰るといいですね・・。

P1000277.JPG


P1000279.JPG


P1000280.JPG
posted by yasuucare at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国地方 観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。